ホーム > 企業情報:当社の強み > 建物・設備の専門家集団として

建物・設備の専門家集団として

建物・設備に関する幅広い知識をもつ社員が、
直接、管理・運営業務を行っています。

建物・設備の高度化が進むなか、その管理・運営にも専門的な知識・ノウハウが求められるようになっています。当社は、建築、設備、電気、防災、環境衛生、不動産など、建物管理に必要とされる多種多様な資格について、業界でも有数の有資格者数を誇っています。高度な専門知識をもった自社スタッフが直接業務にあたることで、お客様からの確かな信頼を獲得しています。

また当社の技術者は、機器・設備に関する異常発生時の対応のみならず、セキュリティ、清掃、天災・火災時の緊急手配まで、あらゆる事態に対処できる「総合技術者」です。建物管理に求められるさまざまな業務を統括管理することで、無駄な増員をすることなく、効率的で質の高い管理を実現しています。

業務の合理化イメージ
【主な資格取得者数】 (2016年12月現在)
建築物環境衛生管理技術者 499名 建築設備検査員 142名
電気主任技術者 250名 特殊建築物調査員 112名
電気工事士 905名 宅地建物取引士 105名
ボイラー技士 531名 管理業務主任者・マンション管理士 44名
冷凍保安責任者 398名 衛生管理者 116名
消防設備士 664名 警備員指導教育責任者 87名
エネルギー管理士 80名 機械警備業務管理者 27名
エネルギー管理員 174名 防災センター要員 303名
危険物取扱者 799名 自衛消防業務講習修了者 374名
建築士(1級/2級) 37名 ビルクリーニング技能士 55名
建築施工管理技士 57名 病院清掃受託責任者 97名
電気工事施工管理技士 38名 保険関係資格者(損保・生保) 88名
管工事施工管理技士 188名 ファイナンシャル・プランニング技能士 323名
社員に求める能力
「人が原点」を基本とした人材育成
“快適に過ごせ、安全で信頼できる、より良い建物づくり”に貢献するためには、「人が原点」だと当社は考えます。このため、当社スタッフがハイレベルのスキルを身につけ、最高のサービスを提供できるよう、人材育成に全社を挙げて取り組んでいます。
具体的には、専門知識や実務知識・技術を身につけるとともに、対人関係能力、課題形成・遂行能力を強化する教育を積極的に推進。自立した社員としての土台づくりと顧客サービスに必要な実務能力の向上を図っています。
さらに、資格取得教育・バックアップ制度の充実により、建築、設備、電気、防災、環境衛生、不動産など、建物管理に必要な資格取得を奨励しています。
PageTop