Case Study vol.4 大規模集客施設 横浜アリーナ

1万人を超える来場者に
快適な環境を提供する

木下 武史 横浜支店 事業所 事業所長
木下 武史横浜支店 事業所 事業所長

管理施設の特徴

管理施設の特徴

コンサートや展示会など
複数のイベントが
開催される大規模施設

横浜アリーナは、最大約17,000人を収容する多目的イベントホールで、コンサート、式典、展示会、スポーツなど、多彩なイベントが開催されています。
当然のことですが、イベントの目的や来場者層によって会場に求められる環境は変わってくるため、すべての来場者の方々に快適に過ごしていただくためには、細かなオペレーションが必要です。例えば、若い人たちで盛り上がるコンサートの時には室温が上がりすぎないよう空調の管理に注意を払いま
すし、多くのお子さまが来場されるイベントでは走り回ったりしても危なくないかなどを“子どもの目線”で設備の安全面を点検しています。
また、開催にあたっては来場者様だけでなく、イベントの主催者様やステージを設営する舞台事務所などさまざまな関係者が動くので、設営から本番、撤去までを滞りなく進めるために、毎回綿密な打ち合わせを実施しています。

アサヒファシリティズの強み・特長

アサヒファシリティズの強み・特長

効率的かつ質の高い
管理を実現する総合力

当社の強みは、設備管理・清掃・警備業務を総合的にマネジメントすることで、各イベントを円滑に運営できるという点です。通常、個々にしなければならない各業務への連絡・指示を当社に一本化することで、横浜アリーナ様と主催者様の負荷を軽減しています。
加えて、イベントの主催者様から伺った施設への要望をもとに横浜アリーナ様に改善提案していること
や、主催者様に施設を熟知した当社ならではのアドバイスができることも、トータルマネジメントによる強みだと思います。
修繕工事をする際などにも、当社の総合力は強みになります。横浜アリーナ様は2016年に大規模改修工事を実施したのですが、横浜アリーナ様と打合せを行い、スムーズな工事になるよう進めました。

仕事のやりがい

仕事のやりがい

細かな点にも気づくことで
お客様の満足度を高めていきたい

近年、イベントの開催件数が増加していることもあり、横浜アリーナも年間300日を超える高稼働の状態が続いています。その中で常に高い品質を保つためにも、日常の管理で気づいた点を改善提案に活かすよう心がけています。施設外周のちょっとした補修や主催者様の利便性向上につながる備品の交換など、一つひとつは細かいものですが、そのような点を横浜アリーナ様に評価いただき、この施設の魅力をさらに高めていく「チーム横浜アリーナ」の一員として信頼していただいています。また、当社従業員の人柄の良さを評価していただいていることも、ホスピタリティを重視している当社としてはとても嬉しく思います。
今後も来場者様・主催者様の満足度向上を通じて施設価値を高め、横浜アリーナ様の満足度向上へと貢献してまいります。

  • さまざまなイベントが開催される
    施設でその時々に求められる
    “最適解”を導き出す
  • Message Message

    さまざまなイベントが開催される施設でその時々に求められる“最適解”を導き出す