建物遠隔管理

ARBOR-web先端ITを駆使した当社のネットワーク型遠隔管理システム「ARBOR-web」により、ビル管理の最適化と安心を24時間365日サポートしています。
Webを活用して、遠隔地にいながら、各種設備機器からエネルギー管理、防災・防犯までをトータルに管理。管理業務の省力化・効率化をはじめ、施設運営管理におけるさまざまな課題を解決し、安心とゆとりをお届けします。

動画を見る

動画一覧

トータルの遠隔管理で施設管理の省人化、コストダウンを実現

ビルの運営費の中でも大きなウエイトを占めているのが、設備管理や警備などの人件費です。遠隔管理システム「ARBOR-web」を導入すれば、ビル管理の質を下げることなく常駐人員数を削減でき、場合によっては無人管理も可能。このため、個々のビル管理を省人化し、施設運営費を大きく低減できます。

管理要員の省人化モデル
管理要員の省人化モデル

多層で堅固な管理体制を構築―万全の態勢で24時間365日サポート

「ARBOR-web」は、複数のビルの状況を監視センターから同時に、かつ集中的に管理するシステムです。監視員が常駐するビル管理情報センターを中心に、多層で堅固なネットワーク体制を構築しており、万全の体制で管理します。

多層で堅固な管理体制
多層で堅固な管理体制
  • VPN(Virtual Private Network): 
    インターネット上に仮想的な専用ネットワークを構築する技術のこと。お客様とビル管理情報センターの間にセキュリティをかけ、インターネット上に仮想的な専用線を設け、情報漏えいを防いでいます。

エリアやオーナーを限定した群管理システムも容易に構築

「ARBOR-web」のネットワークは、エリアやオーナーを限定した群管理システムを容易に構築することが可能。複数ビルの一括管理でさらなる合理化を実現します。

エリアやオーナーを限定した群管理

エリア型群管理

当社の管理物件が近接する地区では、拠点事業所を中心とした一つのグループと捉えてネットワークを構築。一括管理により効率的なマネジメントを実現。時間帯による流動的なスタッフ配置や専門チームによる作業で効率化を求めるなど、高品質かつ高効率な管理体制を構築します。

エリア型群管理

オーナー型郡管理

多くのビルをご所有のオーナー様、管理者様に対しては、所有施設をネットワークで結び、単独の群管理システムを構築。専門のチームがワンストップで対応することで、すべてのビルに対して均一で高品質なマネジメントサービスを提供します。

オーナー型郡管理

お客様の課題やお悩みに応じた多様なサービスメニュー

「ARBOR-web」は、お客様の課題やお悩みに応じた4つのサービスメニューで構成されています。

  • 警報監視サービス
  • 遠隔操作・制御サービス
  • パッケージ省エネ制御・見える化サービス
  • 機械警備・入退管理
ARBOR-webの4つのサービスメニュー

警報監視サービス

ARBOR-webの4つのサービスメニュービル管理情報センターでは、管理する建物からの警報をリアルタイムで受信。異常・故障時には総合技術者が即時出動し、被害の拡大防止を図ります。検知システムと人間の敏速な判断力・予測力が一体となった、すぐれた管理システムです。

遠隔操作・制御サービス

ARBOR-webの4つのサービスメニュー空調設備のスケジュール管理や照明の切り替え、シャッターやブラインドなどの開閉制御を、最寄りの拠点事業所またはビル管理情報センターで操作します。
これにより、管理要員の省人化・無人化が図れるとともに、エネルギー効率に配慮した機器の最適運転が実現されます。

パッケージ省エネ制御・見える化サービス

ARBOR-webの4つのサービスメニューパッケージ省エネ制御では、ビルでおよそ1/3の電力を消費するパッケージ空調機のコンプレッサー(圧縮機)を輪番運転制御し、電力料金を削減します。
また、見える化サービスとは、ARBOR-webのポータルサイトから、エネルギー消費実績をご確認いただけます。

機械警備・入退管理

巡回建物管理業務の契約で設置したARBOR-web送信機で、機械警備・入退管理を行えます。
建物内に設置した各種防犯センサーや出入管理装置は、ARBOR-web送信機で制御し、ビル管理情報センターと出動拠点による機械警備を行います。
また、設備異常と防犯警報を一括で管理し、技術員と警備員の連係により迅速に判断・対応することで被害の拡大を防げます。
防げます。
(機械警備業務は、対応可能エリアの設定がございます。)

ARBOR-webの4つのサービスメニュー
ARBOR-webの4つのサービスメニュー
ARBOR-webの4つのサービスメニュー

コンパクトでローコストな中央監視装置として利用可能

「ARBOR-web」は、既設の中央監視装置をリニューアルする際の後継機としてもご利用いただけます。

中央監視装置としてのARBOR-webの特徴

  • オープンシステムの採用により、どのメーカーの機器にも対応可能です。
  • 一般のパソコンを使うため、従来の中央監視装置よりもコンパクトです。
  • 汎用ソフトウェアにも対応するため、更新費用はもちろん、維持管理費用削減にも繋がります。
  • 建物設備の追加やリニューアルに合わせた機能のバージョンアップなどにも柔軟かつ容易に対応します。
  • ASP方式により、ネットワーク上に監視機能を移管し、さらなる合理化を図ることが可能です。
中央監視
中央監視
動画を見る

動画一覧

「ARBOR-web」利用のメリット

  • オープン化に対応
    「ARBOR-web」はメーカーを制限されないオープンシステムを採用しています。これにより、どのメーカーの機種でも同じ方式で遠隔管理を行うことができます。また、機能の向上・追加への対応も容易で、高度な拡張性・信頼性を実現しています。
  • 安心のネットワークセキュリティと相互バックアップ体制
    「ARBOR-web」のネットワークは、ブロードバンド・インターネットVPNで構築しています。このため、高度なインターネットセキュリティを施した高速通信システムによる高セキュアで安定した管理が可能です。 さらに、東京・大阪の両ビル管理情報センターは継続的二重管理体制による相互バックアップを構築。万全の体制で安心をお約束します。
  • Webの活用で、どこでも、いつでも監視が可能
    インターネットができる環境であれば、ビル管理情報センターと同じ監視画面を各拠点で確認でき、リモート監視・制御が可能です。これにより、万一の異常時にもすばやく確実に対応できます。
「ARBOR-web」利用のメリット