警備

セキュリティは施設の資産価値形成に欠かすことのできない重要な要素となっています。盗難・事故・災害などの物理的な脅威をはじめ、情報セキュリティ、さらにはテロ対策まで、多様な危機管理が求められる一方、従来の警備に捉われないホスピタリティ重視の警備ニーズも高まっています。
アサヒファシリティズでは、警備員による常駐・巡回警備に加え、ネットワークによる防犯・防災装置の監視、緊急時の出動まで、高度なセキュリティ体制でお客様のニーズにお応えします。

機械警備

機械警備さまざまなセンサーやカメラなどの機械を駆使した24時間監視で建物の安全性を確保します。建物に設置したセンサーが火災や侵入などの異常を感知した場合は、ビル管理情報センターに自動通報し、警備員が現地へ急行する体制をとっています。

機械警備の仕組み
機械警備の仕組み

常駐警備・防災センター業務

常駐警備・防災センター業務警備対象施設に警備員を常駐させ、人や車の出入管理、建物内巡回、防犯防災機器などの監視業務を実施することで、火災、盗難といった事故の発生を防止します。

入退管理

入退管理「いつ」「誰が」「どこに」出入りしたか――建物への入退管理は、現代のセキュリティに欠かせない基本メニューのひとつです。
当社では「静脈認証」や「虹彩認証」といったバイオメトリクスや、非接触式ICカードなど、幅広い管理手法を用意し、多様な機密レベルに対応しています。

その他の業務

上記以外にも、ご要望やシーンに応じたサービスをご用意しています。

  • 巡回警備
    警備員が定められた時間に駆けつけ巡回・点検し、犯罪・災害を未然に防ぎます。
  • 臨時警備
    イベントなど短期間の警備ニーズにお応えします。
  • 駐車場管理
    施設に付帯する駐車場をはじめ、有人管理を必要とする駐車場の入出庫管理、料金徴収、利用状況の報告など、駐車場の管理・運営全般を請け負います。