研修設備紹介

研修設備紹介

建物維持管理業務を“体感”して学べる
実践的な研修環境を実感

建物維持管理では、日々の保守・点検はもちろん、予期せぬ事態にも迅速かつ的確に対応することが求められます。技術研修センター 実では、10階建てのビル(約15,000m2)に相当する空調設備や電気設備、給排水衛生設備、防災設備などの実機を備えており、実際の建物維持管理業務を想定しながら研修することができます。こうした実践的な研修環境で、設備や建物の管理技術を総合的に習得しています。

設備管理

空調設備を用いて

セントラル空調や個別分散空調など、空調方式の違いに応じた温度・湿度の調整技術、さらには空調設備の能力検証や性能維持などに関する研修を実施。また、“快適な温度・湿度”と“省エネルギー”を両立するための研修も実施しています。

  • 熱源設備
    熱源設備
  • 排煙機
    排煙機
主な設備
  1. 1エアハンドリングユニット
  2. 2熱源設備
  3. 3ビルマルチユニット
  4. 4VAV・CAV
  5. 5ファンコイルユニット
  6. 6空気熱交換器
  7. 7排煙機
  8. 8冷温水配管設備
  9. 9外気処理空調機

電気設備を用いて

高圧電力がかかるように模擬設計された設備を用いて、建物内の電気系統を制御する受変電設備の操作方法を学んでいます。また、停電などの事態に備えて非常用電源の切替え操作や高圧受変電設備の復旧作業などの訓練も実施しています。

  • 高圧受変電設備
    高圧受変電設備
  • 非常用発電機
    非常用発電機
主な設備
  1. 10高圧受変電設備
  2. 11非常用発電機

給排水・衛生設備を用いて

水の供給から排出までの設備を一つの“システム”として捉え、水漏れなどにも柔軟に対応できるよう訓練しています。また、低層から高層までの建物に対応できるよう、圧送式と重力式の両方の設備で研修しています。

  • 受水槽・給水ポンプ
    受水槽・給水ポンプ
  • 高架水槽
    高架水槽
主な設備
  1. 12受水槽・給水ポンプ
  2. 13高架水槽

警備

防災・警備関連設備を用いて

「防災センター」を設置して、中央監視システムの操作から感知器作動、火災警報発生時の放送、初期消火活動、避難誘導まで、緊急事態の発生を想定した訓練を一連の流れで実施。また、スプリンクラーの作動から停止・復旧までの動作研修にも取り組んでいます。

  • スプリンクラー
    スプリンクラー
  • 消火設備
    消火設備
  • 中央監視設備
    中央監視設備
主な設備
  1. 14屋内消火・スプリンクラー消火設備
  2. 15機械警備システム
  3. 16消火栓設備
  4. 17中央監視設備

清掃

仮想ビルフロアを活かして

技術研修センター内のフロアを使って、建物内の美観と衛生状態を保つための研修を実施。酸性・中性・アルカリ性など、各建物の建材の特性に合わせたケミカル剤の使用方法や、清掃機器の使い方、衛生検査などについて学んでいます。

  • 仮想ビルフロア
    仮想ビルフロア
  • 清掃・環境整備
    清掃・環境整備
主な設備
  1. 18清掃・環境整備

改修・更新工事

仮想居室・衛生器具スペースを活かして

オフィスを再現した仮想居室スペースを設け、設備の点検や修繕業務などの研修に取り組んでいます。このほか、設備修繕・更新のタイミングを的確に把握できるようにするために、設備稼動状況の計測・分析技術の研修も実施しています。また、配管詰まり、水漏れ対応など、衛生器具周りの機能維持研修を行ない、排水配管に対する通気機能などを学びます。

  • 仮想居室スペース
    仮想居室スペース
  • 衛生器具スペース
    衛生器具スペース
主な設備
  1. 19仮想居室スペース
  2. 20衛生器具スペース